About G7/G20 Youth Summits (Y7/Y20)

g7g20 youth japan
Y7 Summit 及び Y20 Summit(以下Y7 & Y20 Summits)とは、G7及びG20首脳会議の公式付属会議として、開催国政府の主催又は後援のもと年に一度開催される、各国を代表するユース(Youth)のリーダーによる国際会議です。研究者や官僚、学生など多様なバッググラウンドをもつ30代以下のユースがG7 & G20首脳会議に先立ち協議した成果を共同宣言文としてまとめ、G7 & G20に対し提出する形式で政策提言を行います。サミットにおいて、世界の第一線で活躍している若者同士の相互理解を通じ、ユースの視点から現在の国際社会が抱える諸問題への解決策を提示することを目的としています。
engagement_g.png
g7 g20 youth japan
Y7/Y20はユースの意見をG7/G20に反映させる貴重な機会として認識されており、Y7/Y20の協同声明文がそのままG7/G20に引用される機会や、各国トップとの会談の機会があります。
g7 g20 youth japan
Y20 Russia 2013 : Y20メンバーとプーチン大統領
g7 g20 youth japan
Y20 Germany 2017 : Y20メンバーとメルケル首相
g7 g20 youth japan
Y7 Canada 2018 : Y7メンバーとG7各国シェルパ
105401473_1188416494836257_1644644879298
Y7 France 2019 : Y7メンバーとG7各国シェルパ
190529161101-1052 (1).jpg
Y20 Japan 2019 : Y20メンバーと安倍総理大臣
例年、Y20はG20開催国政府主催、Y7はG7開催国のY7/Y20代表団派遣団体主催(政府後援又は共催)のもと開催されます。直近3年間のY7/Y20の年表は以下の通りです。
g7 g20 youth japan
g7 g20 youth japan
g7 g20 youth japan
スクリーンショット 2019-10-19 19.59.27.png
Screen Shot 2020-12-26 at 19.13.48.png
年表2021.PNG

Y20 Summit 2019 Japan 主催

190529161101-1052 (1).jpg
2019年G20の日本初開催に伴い、併せて日本初開催となったY20サミットを当団体にて主催致しました。
​詳細は以下報告書をご参照ください。
【メディア掲載】
首相官邸ホームページ
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201905/29hyokei.html
G20 サミット 2019 ホームページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/g20/osaka19/jp/engagementgroups/
外務省ホームページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page4_005009.html
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46087970U9A610C1EAC000/
​日本経済新聞 特集記事
https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGKKZO46087970U9A610C1EAC000&scode=8031&ba=8
2019 IBM Volunteer Excellence Award 受賞ページ
https://www.ibm.org/initiatives/ibm-volunteers/stories/2019-ibm-volunteer-excellence-award-winners
他多数
スクリーンショット 2019-10-19 14.09.57.png

Y7 Summit 2016 Japan 主催

g7 g20 youth japan

G7伊勢志摩サミットの開催にあたり、当団体は日本初の開催(G7としては世界初)となるY7 Summit を主催致しました。

2014年のロシアで開催されたG8の際にはクリミア危機により開催が中止され、翌2015年ドイツで開催されたG7の際にも、その開催意義が疑われ、中止となりました。G7/G8には、もう二度と若者が参画が出来るサミットが開催されないという危機に瀕していました。

 

2016年に日本でG7が開催されることに伴い、"Y7 Summit"を企画。先進7カ国+EUより30歳以下のG7の議題に精通した若きプロフェッショナルを5名ずつ日本国に招待し、400人を越える一般日本人参加者が共に国際問題について考え、提言書をG7の政策決定の参考にして頂くというコンセプトを政府関係者にご理解を頂き、各方面のご支援を頂き無事閉幕致しました。

開催にあたりご支援を頂きました方々に厚く御礼申し上げます。(2016年8月)

【Y7 Summit Japan 2016 実行委員会】

千葉宗一郎(代表)

中村美月(企画実行責任者)

大野駿(実行委員)

辻香織(実行委員)

根岸花芽(実行委員)

高橋梨々香(実行委員)

原田智大(実行委員)

岡部朋也(実行委員)

渡部昌大(実行委員)

佐野遥香(実行委員)

【後援】

外務省

【協賛】

アメリカ大使館

株式会社日本総合研究所

アクセンチュア株式会社

サントリーホールディングス株式会社

日本たばこ産業株式会社

日本航空株式会社

慶應義塾大学医学部客員教授 窪田良様

大星光世様

【顧問】

安部忠宏(明治大学大学院 客員教授/慶應義塾大学 講師/元特命全権大使)
柏木茂雄(慶應義塾大学大学院商学研究科 教授) 

【レター/ビデオメッセージ】

安倍晋三 (内閣総理大臣)​

鈴木英敬 (三重県知事)

【講演】

長谷川祐弘(元国連事務総長特別代表(東ティモール担当)、日本国連協会理事)

イェスパー・コール(ウィズダムツリー・ジャパン 最高経営責任者(CEO))

工藤卓哉(アクセンチュア Data Science Center of Excellence兼 アクセンチュア アナリティクス日本統括 マネジング・ディレクター)

千賀邦夫(公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 専務理事・事務局長)

浦元義照(上智大学特任教授、元国際労働機関(ILO)アジア太平洋地域総局長)

阿部サラ(Project Assistant Professor, The University of Tokyo)

早野龍五(東京大学教授)

山崎直子(宇宙飛行士)

林玲子(国立社会保障・人口問題研究所 国際関係部長)

【協力】

早稲田大学国際教養学部

リーガロイヤルホテル

椿山荘ホテル

​内閣府

三重県県議会 

Yang, Li Ming早稲田大学教授

Graham Law早稲田大学教授

Sterenberg, Matthew Kane早稲田大学教授

Muehlheisen, Victoria早稲田大学教授 

【メディア掲載】

外務省 ホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/is_s/page22_002606.html

NHK World

2016年5月3日 放送

NHK ONLINE

2016年5月3日 記事掲載

THE HUFFINGTON POST ブログ
http://www.huffingtonpost.jp/…/y7-summit-2016-japan_b_12098…

早稲田大学ホームページ ニュース
https://www.waseda.jp/top/news/43208

慶応義塾大学 三田評論
2016年6月号